読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

★★★★

私日和 2

1巻よりも切なさ倍増の2巻でした。 「ブルーブルーバード」を読んだ後は、 「ありあけの月とダンス」を再び読みたくなります。 この2つの作品の繋がりが、よく出来ていて、切ない気持ちになります。 派手さはないけれど、静かに胸に染みいるような感じが、…

私日和 1

最初の話を見た時は、なんか絵が個性的で失敗したかも…なんて思ったのですが、読んでいくうちに引き込まれました。 恋愛がメインというより、青春物の一要素として恋愛があるって感じですね。 登場人物の心の機微が良く描かれていて、とても読みやすい。表題…

世界平和は一家団欒のあとに 10巻

堂々の完結編でした!最後はやっぱりメイン2人の話ということで、軋人と柚島の話でした。今までが1年という月日を重ねて来た2人だけあって、互いの気持ちに正直になるシーンはとても良かったです。特に、軋人が格好良すぎた!! 「惚れた女追っかけて何が悪…

空ろの箱と零のマリア 4

相変わらず、良く出来てはいるのですが、やっぱり時間が空いてしまったせいか、あまり入り込める事が出来ませんでした。 元が結構ややこしい話なので、やっぱり細かい所まで覚えていませんでした。 作者も分かっているらしく、最初に説明が入るのですが、そ…

君に届け 11巻

全巻で付き合い始めたので、どういう展開になるのだろうか? と少し不安だったのですが、メイン2人を進展させつつ、周りの話を書いてくのでしょうかね。 初デートまでしちゃって、胸キュン要素満載でした。 けれど、やっぱり10巻の半ばくらいで終わってくれ…

僕は友達が少ない 1〜3

最近、纏めて読んだので一気に感想を書きます。 世間で評判が非常に良かったので読んだのですが、やはり多くの人から認められているものは面白いですね。 キャラクターも良い感じに個性があるし、可愛いし、絵師さんも上手だし。自分の中で、なにより主人公…

付喪堂骨董店 7

完結。 よく練り込まれた話だったと思います。 ひとつの世界観をきちんと構築して、ここまで丁寧に描けているのは凄いです。 毎巻4章の咲の可愛さのみを求めて買い続けてきたような気もしますが、終わってしまうと寂しいものですね。 最後の選択に、そして2…

空ろの箱と零のマリア 3

なんていう終わり方をするんだ。 なんか、今までで1番面白かった。素晴らしい構成力も然ることながら、展開の巧みさが何とも言えない。 次は、どうなるのだろうという、興奮でページをめくる手が止まらなかった。登場人物もひと癖もふた癖もある人ばかりだが…

詩羽のいる街

詩羽のいる街 読了。 あらすじ 「あの日まで、僕はこの世に奇跡が存在するなんて信じていなかった」。マンガ家目指して持ち込みを繰り返すもののいっこうにモノにならない僕。ある日突然現れた詩羽という女性に一日デートを申し込まれ、街中を引きずり回され…

黄昏色の詠使いIX ソフィア、詠と絆と涙を抱いて

黄昏色の詠使いIX ソフィア、詠と絆と涙を抱いて 読了。 あらすじ 「クルーエルがいなくなった時、あなたは一人で何ができる?」夜の競闘宮でシャオから問いかけられ、ネイトは立ちつくす。凱旋都市エンジュの永い夜は続いていた。“名詠式が存在する理想の世…

秋期限定栗きんとん事件

秋期限定栗きんとん事件 読了。 あらすじ あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」…

放課後プレイ

放課後プレイ 読了。 ネット上で評判になっていたので、手にとってみました。いや〜えろいですね。絵が特徴的なのでなんともいえませんが、評判になるだけのことはあります。暗喩的なエロさですが、ゲームネタがあまり解らなかったのが残念と言えば残念なん…

ロウきゅーぶ!

ロウきゅーぶ! 読了。 あらすじ 高校入学とともに部長のロリコン疑惑で部活を失った長谷川昴。ただでさえ小学生の話題はタブーなのに気づけばなぜか小学校女子バスケ部コーチに就任って!?「ん?ぱんつなら心配ないよ、ほらっ」「やっぱりっ、でか女なんだわ…

雪蟷螂

雪蟷螂 読了。 あらすじ 涙も凍る冬の山脈に雪蟷螂の女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を—。長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”とも言われるフェ…

此よりは荒野

此よりは荒野 読了。 あらすじ 19世紀末、アメリカ西部。近隣の村とともに家を襲われ、母と妹を亡くしたアラン・グリーンウッド。彼を助けた少女は言った。襲撃者は「不死者秘儀団」だと。炎に包まれる家を前に、アランは復讐を誓う。―それから3年。保安官の…

灼眼のシャナ 6巻

灼眼のシャナ 6巻 読了。 マージョリー編終了。なんてこったこの人はどんどん画力があがってる。1巻の時に比べて表情の表わし方やスピード感も増してるし、コマ割りも読みやすくなってるし。もう、いとうのいぢさんを超えてるんじゃないか。ここまで可愛い絵…

生徒会の四散

生徒会の四散 読了。 あらすじ 私立碧陽学園生徒会室―そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園(かどうか最近微妙)。思わせぶりなタイトルでお届けする、長編第4巻。やっべ、ついに来ちゃった?ライトノベル的展開!会長がツチノコを探してみたり…

カフーを待ちわびて

カフーを待ちわびて 読了沖縄の方言や繊細な風景描写、沖縄ならでの小道具(デイゴの木や沖縄料理など)が雰囲気を柔らかくしていて、かなり読みやすい。ゆっくりと盛り上がっていくのは、良かった。読了感は少しもどかしい上に優しい感じです。けれど、もう…

プリンセス・ビター・マイ・スウィート

プリンセス・ビター・マイ・スウィート 読了。 あらすじ 理由不明の家出を繰り返す美少女、チャチャはクラスメイトから「魔性の女」と呼ばれるいわくつきの高校生。そんなチャチャと小学生の頃から付き合いのある晴之は、ある日彼女のとんでもない秘密を知っ…