読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

アクセル・ワールド (1) 黒雪姫の帰還

アクセル・ワールド (1) 黒雪姫の帰還 読了。
あらすじ
どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って“速さ”を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。季節は秋。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は一変する。少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは“加速世界”の存在を知る。それは、中学内格差の最底辺である彼が、姫を護る騎士“バーストリンカー”となった瞬間だった。
内容が想像していたものとまったく違いました。開いてみてびっくり!まぁ、題名通りではあるんだけど。ついていけるか心配だったけどウィザブレのおかげで場面を想像しやすかったのが助かりました。内容だけに着目すると、襲撃者の正体はすぐに気づけるし、オチも読めちゃいます。けれどネタというか材料の組み立ては上手いし、アイディアを綺麗に纏められているのはすごいですね。続きが書きやすそうではあるし、もう予告されているけど、これ以上は面白くならない気もします。でも、この構成の巧さだったら何かしてくれるかもしれないという気持ちにはさせられます。だから、字巻が勝負になりそうだなぁ。

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)