読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

ラプンツェルの翼

書評 ライトノベル ★★★

ラプンツェルの翼 読了。
あらすじ
“もしもこのトランクを拾った方がいたら絶対に開けないでください。人にとって危険な武器が入っています。開けない限り危害はありません”混乱する事故現場で相沢遼一が託された歪にひしゃげたトランク。その中に入っていたのは、両膝を抱えるように丸くなっている精巧な人形のような…一糸まとわぬ少女だった。はたして彼女が危険な武器なのか、もしくは何かの道具なのか、それとも―。遼一の手元にあるのは七つの駒と地図とウサギのぬいぐるみ。謎の少女を連れて、目的の見えぬ生き残るための“禁断”のゲームが始まる。
この人の作品は、前から興味があったので挑戦してみました。なんともいえない感じですね。いまいち、作品を物語上グロイシーンや残酷なシーンがあります。三人称で書かれているんですが、主人公の気持ちしかほとんど描かれていない上に、主人公の心が少し壊れてるので、そのシーン悲惨さ等が伝わりにくくあまり緊迫感がなく、そのせいで盛り上がりを感じることできませんでした。続きは、出なそうですがどうなるんでしょう。

ラプンツェルの翼 (電撃文庫)
ラプンツェルの翼 (電撃文庫)土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2009-02
売り上げランキング : 403

おすすめ平均 star
star少しがっかり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools