読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

午前零時のサンドリヨン

書評 ★★★

違和感のある文体に慣れるのに、時間が掛かりました。
主人公の考えている事が、そのまま地の文に書かれているので、まどろこしく感じたからです。
内容は、けっこう狭い世界の中でしっかりとお話が繋がっていって、上手いと思いました。
ミステリーというより、青春小説ですね。
ただ、やっぱり、見どころは、無表情キャラである初の感情が表れた瞬間だと思います。
そこを楽しまないと、面白さは半減でしょうね。

午前零時のサンドリヨン

午前零時のサンドリヨン