読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

半分の月がのぼる空 完全版

書評 ★★★★★ ライトノベル

初めて読んだのは、裕一と同じ17歳の時でした。
あの時に、この作品に出会えて本当に良かったと思います。
あれから4年以上経った今、完全版として蘇ったこの作品を再び読みました。
といっても、もう数え切れないくらい読んでいるので、内容はほぼ覚えていました。
けれど、やっぱり、何度読んでも素晴らしい作品だと思います。
物語の登場人物の幸せを願うなど、おかしいかもしれませんが、それでも願わずにはいられません。
裕一と里香の上に、いつまでも半分の月が輝いていますように。


PS.上巻の422ページに明らかに、変わった台詞がありました。
どうなるのかと下巻を楽しみにしていたのですが、結局矛盾が生じたので、調べてみたら、どうにもミスみたいですね。
2版からは、修正されるのでしょうか。

半分の月がのぼる空〈上〉

半分の月がのぼる空〈上〉


半分の月がのぼる空〈下〉

半分の月がのぼる空〈下〉