読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味の話とか日頃の話とか

アニメとかオーディオとか趣味とか日々の話を書きます

楽園まで

書評 ライトノベル ★★★

楽園まで 読了。
表紙やあらすじを見て、気になって買っちゃいました。900円もしました。
あらすじ

雪が降り続ける世界。普通の人と目の色が異なるオッド・アイの少女ハルカと弟のユキジは、異能を持つために悪魔と呼ばれ、教会に追われていた。ハルカは心を失った双子の弟ユキジの手を引いて「楽園」を探す。旅の最中に出会った青年ウォーテンは二人が悪魔であることを知っても態度を変えなかった…。一方、悪魔を狩る役目を担う「狩人」の青年ルギは、教会に疑問を抱き始めていた。ハルカとユキジは、「楽園」の在り処を知るが、「狩人」たちに追い詰められて…。 ―お願い。なにも望まないから、なにも奪わないで。第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作。

うーん。風景描写や巧みな記述の仕方から雰囲気は伝わってくるのだけど、物語としてはイマイチな気がしました。私は、やっぱり本ってなにかしら伝えるものだと思ってます。自分の考えだったり、この作品は楽しんで書けた、とかの自己満でもいいし、読者を楽しませたいという気持ちや、これだったらおもしろいだろう、という挑戦でもいいんです。でもこの作品はよく解りませんでした。中途半端な気がしました。それが面白さを落としたのかなと思います。ただ単純に内容や文章は考えられていると思いました。


楽園まで (トクマ・ノベルズEdge)

楽園まで (トクマ・ノベルズEdge)